img

■地方校の学生がアニメに出演!

インターナショナル・メディア学院なら、東京だけでなく、地方校でも声優になれます!

岡山にて、企業のラジオCM収録が行われました!

img
岡山校の学生が出演の、企業ラジオCMキャラクター・音声収録が行われました!
⇒当日の収録風景はこちら!



岡山にて、企業のラジオCMキャラクター・声優オーディションが開かれました!

岡山の声優養成所、企業ラジオCMのオーディションに参加
岡山において建設系企業のラジオCMに登場するキャラクターを演じる、声優オーディションが開催され、岡山校の学院生全員が参加!



TVアニメ「雨色ココア Rainy colorへようこそ!」に全国の学院生が出演!

地方からでも声優デビュー
TVアニメ「雨色ココア Rainy colorへようこそ!」に全国の学院生が出演しました。
オーディションで選ばれた各校の代表者たちが、東京のスタジオで収録に参加。
さらに今回は、学院の卒業生で、プロとして活動中の先輩たちも応援に駆けつけてくれました!

⇒当日の様子はこちら


新潟校から、初のアニメ出演決定!
新潟校・第一期生、坂井利枝子さん!

新潟校からアニメ出演声優!

先日、新潟校でアニメ出演者オーディションが行われました。
見事チャンスを獲得し、デビューが決まったのは、新潟校第一期生の坂井利枝子さん。
合格連絡を受けた時の感想と、収録への抱負を伺いました!
感想と抱負はこちら!


アニメ「雨色ココア」に出演を果たした生徒が、今度はラジオに出演!

img

「ラジオ雨色ココア in岡山」
9/20(日)24:45~25:00!
 FM岡山にて放送!

岡山校でラジオ番組の収録が行われました!
今回は、アニメ「雨色ココア」に出演した各校の学院生の方も岡山校に集合!
初めてのアフレコ出演での感想や、「雨色ココア」という作品についてインタビューを受けました。
収録風景と出演の感想はこちら




福岡校、岡山校、名古屋校、大阪校の学院生がアニメ出演!!

アニメ「雨色ココア」の収録を東京のスタジオで行いました。現場の様子と出演した生徒の感想を、是非ご覧ください!

収録風景と感想文はコチラ!
収録風景と感想

高松校の学院生が舞台出演!!

「杉ノ内由紀コンサート ~歌とおしゃべり、仲間と一緒に~」内、朗読「平家物語より~海に消えた物語~」に高松校の学院生7名が出演しました。

収録風景と感想

■高松校 黒原睦美さん

杉ノ内由紀コンサート~歌とおしゃべり、仲間と一緒に~で朗読「平家物語より~海に消えた物語~」に出演させて頂きました。

高松校から7名が舞台に立ちました。
出演が決まってから約半年間、杉ノ内さんのレッスンではこれでもかとダメ出しをされ、 毎週レッスン後には出演者で練習をしお互いにダメ出しを言い合い平家物語の世界感を作っていきました。
平家物語は屋島があるので香川のみなさん結構知っている話しなので本当に緊張でいっぱいの舞台でした。
本番1週間ほど前に台本がガラリと変わりみんなアタフタしましたが杉ノ内さんの思わく通り変更することでより良いものになりました。

更に、当日のアドリブで「外郎売り」をものまねで披露することになり・・・・・
これは笑いをとることが出来て、意外にも成功だったのではと!!!
アンコールの最後では“手のひらを太陽に”を手話をしながら歌いました。

舞台に立つ貴重な経験をさせて頂けた事をステップにこれからも勉強をしていきたいと思います。
杉ノ内さん本当にありがとうございました。


FM岡山のラジオ収録に地方校の学院生が多数出演!

久保大介さん(福岡校)岡本美紅さん(高松校)村上淳さん(名古屋校)遠藤友美さん(名古屋校)曽和達郎さん(大阪校)南川智美さん(大阪校)

収録風景と感想


全国の校舎でアニメオーディション実施!!
2015年4月放送TVアニメ「雨色ココア」出演者オーディションを全国の学院生対象で実施しました。

岡山校・福岡校から初のアニメ出演者が誕生!
岡山校 山田康裕さん、赤木恵美さん、
福岡校 土佐菜摘さん。

【追加発表!】名古屋校 伊藤岳洋さん、大阪校 岡田佳那枝さんもアニメ出演決定!

インターナショナル・メディア学院なら、地方校でもアニメに出演するチャンスがあります。

■名古屋校 伊藤岳洋さん

この度は出演の機会を頂き、大変嬉しく思っております。かねてより目標の一つとしていたアニメ出演が叶い、気の引き締まる思いです。 これまでのご指導を総動員し、より良いものを皆様にお届け出来るよう頑張ります!

夢を実現するためにしていることは、「生活することがトレーニングである意識を持つこと」です。 些細なことでも体験したときは、それが演技の何に役立つかを探ったり、ただ立っているときでも自身の身体の使い方に意識を傾けるように心掛けています。

堀川学院長から学んだことで最も印象に残っていることは、「思えよ」という言葉、「心から思ってその言葉が出る・その動作をするという状態が本当に演じている」ということです。 つまり、自然に心から出てくる言葉や動作に敵う演技は無く、それが「思えよ」という言葉に凝縮されているのだ、と私は解釈しています。 実際に、頭で分かったつもりでいざ演じてみると、「あぁまた、演じよう演じようとしていた」と気付かされるのです。 初めてこの言葉を頂いたときから、重要な指針とさせていただいています。



■大阪校 岡田佳那枝さん

選ばれたと聞いた時はびっくりしてしばらく信じられないくらいでしたが、選ばれたからには精一杯頑張ろうと思いました。

普段から気をつけていることは、声質的に暗くなりがちなのでロングトーンでは出しやすい音だけでなくそれよりも少し高めに出すようにもしています。 また、日常会話でも明るい声と、鼻濁音・無声化を意識しています。 アクセントに関しても分からなければ辞書を引き、次からは絶対に間違えないように注意しています。

堀川校長の「台本を読むのではなく、思う」という言葉に衝撃を受けました。 台本を間違えずに読むことは確かに大切ですが、それに意識を捕らわれすぎて感情を疎かにしてはいけないと感じました。



■岡山校 山田康裕さん

選ばれたときは、ただただ嬉しかったです。地方在住なのにアニメに出演するチャンスを頂けるなんて、本当にありがたいことです。 これから未体験の事が私に押し寄せるのだと考えると、ワクワクします。とにかく精一杯やらせて頂きます。

日々やっているトレーニングとしては、声を出してのトレーニングは周りの人に迷惑をかけるので、時間を見つけては、表情筋と舌を動かしています。 時にゆっくり時に速く動かし、正確に発音出来る口の形を体に覚えさせようと努めています。

堀川学院長から学んだ中では、ひとり芝居を除いて、そのシーンで「一人だけ芝居が上手いということはありえない」という言葉が強く印象に残っています。 この言葉が何を意味しているか、はじめはよくわかりませんでした。 当時の私は、『声優の演技は自分の中にあるものを表現するものだ』と思っていました。 声優の方々が画面に向かって声を吹きこんでいる風景から、そう思い込んでいたのでしょう。 ある演技の授業で、演技下手だと私が思っていた二人の生徒がシーンを演じました。 二人は、滑舌が悪く声が小さく抑揚のない芝居をしました。 しかしこの芝居が私には、とても面白く興味深く感じられたのです。 二人は互いに台詞をよく聴き、相手の芝居を尊重していたように思えました。 そのとき堀川学院長のあの言葉が思い起こされました。 あぁこういうことなのか!とハっとしました。 それから私は、いかにシーンを成立させ、相手を輝かせるかということを考えて演技をしています。



■岡山校 赤木恵美さん

今回、アニメに出演させて頂けることを大変嬉しく思います。持てる力を出し、今後の演技力の向上の為、現場で沢山学びたいです。皆さんに楽しんで頂けるよう、精一杯演じます!

普段は、良くも悪くも、自分に対する意見を聞くように心掛けています。自分では気付かない事に、沢山気付くことが出来ました。台詞や歌詞を母音で喋る等、他の方々がやっていたトレーニング方法を試していました。

堀川学院長からは沢山の事を学びました。特に、「思いがあっても、声に出さなきゃなにもしてない事と一緒」という言葉には、心打たれました。



■福岡校 土佐菜摘さん

アニメに参加させて貰える事に感謝しています。
この機会をいかし、プロの現場の雰囲気にふれ、いろいろな人の演技を見て学びたいです。
そして、今の自分に出来る全力をだし、楽しみたいです。



マジカル☆ドリーマーズ博多弁版
収録実施!福岡校の学生が多数出演!


収録風景

■アドバンストコース 学生
今回マジドリ収録への参加は2回目でした。
良い緊張感で臨むことができましたが終わってみるとまだまだ出来たはずなのにと悔いが残ってしまいました。
今回沢山の人を巻き込んでその場の風景を作り出すことを一番に意識して臨みました。
収録中は風景が目の前に広がり目標を達成出来ましたが、感情が入ると、どうしても体が動いてしまうので、立った状態で同じように演技が出来る様にすることが次の課題です。
今回収録に参加させていただき有難うございました。
次回がありましたら参加出来るのであれば参加し、更にステップアップしていきます。



■ベーシックコース 学生
今日はとてもいい経験と勉強ができました。
見学だけでも、現場の雰囲気やマイクの立ち位置、ガヤをする際のポイント、掛け合い等、普段では学ぶことの出来ないことを教わりました。
今回は一度だけマイク前で録らせてもらいましたが、マイクを意識しながら掛け合いをする難しさに驚きました。
次回は周りを意識しながら、しっかりと掛け合いと物語の世界観を大切にした話し方と、声を前に出すことを意識して臨みたいです。



■アドバンストコース 学生
マジカル☆ドリーマーズ博多弁版収録見学をさせていただきました。
光栄なことにガヤの収録参加までさせていただきました。

前回参加させていただいたときよりは雰囲気がすぐつかめたのですが、マイクの前でいざ喋ろうとすると何を言っていいかわからず、緊張・萎縮してしまい、声が出ずマイクに入らなかったのが反省すべき点でした。

直ぐに改善とまではいかないとは思いますが、少しずつ慣れていき萎縮せずマイクに声が入るようにしていきたいです。
そのためには日々のトレーニングや沢山収録見学に参加して自分の改善すべきところを発見し、学ぶべき事を吸収したいです。



■ベーシックコース 学生
今回、マジカル☆ドリーマーズの収録を見学し、改めて声で演技する事の難しさを感じました。
ガヤというと、後ろの方で目立たないというとイメージでしたが、自由に演技できるぶんその人の個性が発揮されやすい部分でもあるんだなと気づかされました。
収録現場のマイクの前に立つのは初めてでしたが、声を出すのに必死になってしまい、ついついマイクに向かって声を出すのを忘れてしまいがちでした。
今回は最後にマイクの前で声を出すことができましたが、次回はアドバンスクラスの方たちのように本編でも積極的に声をだすことができるように努力していきたいなと思いました。


img



マジカル☆ドリーマーズ博多弁版の収録に
 福岡校・岡山校の学生が多数出演!


堀川学院長が音響監督を務め、福岡校、岡山校のオーディション合格者が多数出演を果たしました!なんと、学院長のご好意で、見学者も音声収録に参加しました。



高松校の学生がRNC西日本放送のラジオ番組に出演!

高松校の黒原睦美さんがRNC西日本放送のラジオ番組に出演決定!アニソンリクエスト受付中です♪

【放送局】四国放送、西日本放送、南海放送、高知放送
【番組名】「杉ノ内由紀のミュージック・さえら」
【日時】6/15(日)20:30~22:00 生放送
【アニソンリクエスト送り先】saela@rnc.co.jp
 ※件名にアニソンリクエストと書いてください。



高松校の学生が香川県坂出市公認ゆるきゃら「さかいでまろ」のキャラソンを担当!

高松校、橋本望美さんが歌うキャラクターソングはお祭りやイベントなどで披露されています☆


大阪校の学生がネットTVにレギュラー出演!

大阪校、大南あさこさんが映画についてたっぷりと語っています。




大阪校の学生がラジオ大阪のイベント番組に出演し、冠番組放送権をGET!!

2/1 12:00~12:15、ニコニコ生放送のラジオ大阪チャンネルにて、大阪校・二木寛大さんの冠番組「第一回ニキニキ 寛ダイナミックラヂヲ」が放送されました!

冠番組放送権を見事勝ち取った、二木さんからラジオ大阪のイベント番組出演の感想を頂きました!

二木寛大です!今回、僕はラジオ大阪のイベント番組内で、断捨離エンジェルズとして、リスナーさんの断捨離をお手伝いしました。

リスナーさんお一人お一人の夢や目標の妨げになっている物を、僕たち断捨離エンジェルズがリスナーさん本人に代わって破壊するという企画。さらに、その頑張りをメインパーソナリティの二人に評価してもらい、優秀者には「特別番組出演権」が贈呈されます。

断捨離エンジェルズ(男女5名)が、3つの班に別れて、一つ目は外回り班、二つ目は電話応対班、そして三つ目がラジオ大阪にて直接応対する班としてミッション開始。僕は外回り班を担当しました。

僕はオンエアー中に、二件のリスナーさんの家にお邪魔し、処分したい物を代わりに断拾離。一件目は「女性らしい洋服を旦那さんのためにこれからは着ていきたいので、今までの男っぽい洋服を変わりに処分して欲しい」という相談でした。
生中継で僕らは、スタジオのサエキトモさんと愛美さんにお伝えし、番組の後半でリスナーさんと共にスタジオで洋服を処分することに!

二件目は「お菓子のグミを食べ過ぎてしまうので処分して欲しい」とお悩みのリスナーさん。解決するには…食べる!!ということで生中継で必死にグミを完食。

そうして、番組後半でスタジオへ戻ると、いきなりサエキトモさんから「二木くん外回り班でアピールするとこなかったやろ?今から私がリスナーさんの洋服にハサミを入れるから、洋服の気持ちになって声を当てなさい。」とご提案が!

全力で処分される洋服を演じた甲斐あってか、番組パーソナリティの愛美さんが僕を選んで下さり、「特別番組出演権」をめでたく頂くことになりました。

僕は今回のお仕事で、人と人との繋がりを感じれましたし、人のために動く素晴らしさを学びました。

ラジオオンエアー中に、面白いことを言おうとすればするほど焦って、言葉のチョイスが上手くいかなかったのが次回の課題です。



高松校の学生がPS3ゲームに出演!
高松校の黒原睦美さんがPS3ゲーム「龍が如く5 夢、叶えし者」に出演しました。



▲ページTOP

LINE友達追加


(c) IAM インターナショナル・メディア学院